女性にとってのネイルアート

私の彼女の趣味はネイルアートです。

たまにセルフネイルをしているのを見かけます。

今までは自爪にジェルを乗せて、その上にウォーターシールと言う水に濡らすと台紙から剥がれ、爪に貼れるシートやストーンを乗せてアートをしていました。

しかし、去年あたりからか、彼女はスカルプチュアネイルと言う、アクリルを使って爪に長さ出しをするネイルを始めました。

その様子を私はそばで見ていると、嬉しそうに私にネイルの仕方を話してくれます。

そこで私が教わったのは、スカルプチュアネイルと言うのは、まず自分の爪の幅に合ったチップをネイル用ボンドで貼り付けます。

その後、爪ヤスリで自分の好きな形にチップを削ります。

その上にアクリルを乗せて、凹凸やはみ出しがないように、形を整えます。

それから、好きなカラーのジェルを乗せ、UVライトあるいはLEDライトでジェルを硬化させます。

次に、自分の好きなアートを描いたり、ストーンなどを乗せて、最後にトップジェルと言う、ニスのような仕上げに使うジェルを乗せて硬化したら完成です。

実にここまで2時間半!

たかが爪10本に、2時半もかけて色を付けるなんて、私には考えられません。

しかも、付け爪のように長くなった爪で、よく生活できるなと思います。

しかし、彼女曰く、ネイルアートは女性にとって精神薬なんだとか…。

ネイルアートをすることで、女子力がアップするし、とても良い気分になるのだそうです。圧倒的客付を誇るゼロ賃貸