システムキッチンの収納術

ついついごちゃごちゃになりがちなキッチンですが
5つのポイントで収納上手で綺麗なキッチンになります。

一つ目は物の住所(定位置)を決めること。
ここでないとダメ!という住所をはっきりさせることが大事です。

二つ目は住所が決まったら表札(ラベル)も付けてあげることです。
これでより物の位置が分かりやすくなります。

三つめは観音開きの中や引出しの中を小箱・仕切り板で
できるだけ細かく仕切りることです。
種類・大きさごとにまとめることで、
重なった食器の一番下を使わないというようなことがなくなります。

四つ目は水や非常食、洗剤などをローリングストックすることです。
自分なりの適正量を決めて、それをキープしながら「使っては買い足す」を繰り返し、
循環させる備蓄が理想です。

五つ目は場所をお金と考えることです。賃貸にせよ持ち家にせよ、
住まいには必ず“お金”がかかります。
「一平米あたりいくらか」ということを常に意識して、
少しでもスペースを有効利用することが大事です。

私はこの記事を読み、今までも自己流で意識していた
収納方法にもかなりの改善点があることに反省しました。
キッチンは使いやすく快適なのが理想です。

自分のよりよい生活のためにも今後頭に入れて活用してゆきたいポイントだと思いました。
輸入キッチン