コーヒー豆を自分で挽いて、淹れる

私はコーヒーが大好きで毎日欠かさず飲んでいるのですが、自分で挽いて飲むってゆうのは実はあまり出来ていませんでした。必要な道具はあるのですが、う淹れたら美味しく淹れれるのか分からなくて。

そんな中、仕事終わりに近所の本屋さんへ立ち寄りました。
特に買いたい本があったわけではありませんが、ぶらぶら歩いて見ていると、コーヒー本が目に止まって思わずパラパラ。

そこに淹れ方のポイントも書かれていて、とても分かりやすく私にも出来そうな感じがしました!
影響を受けやすい私は、早速家に帰って淹れてみることに笑。

豆を挽くと美味しそうな香りが…!お湯を注ぐ時は湯量に気を付けて、小さな円を描くように…。
完成したのを飲んでみると、美味しいーー!今まで淹れたコーヒーの中で一番美味しく淹れることができました!

感激です。これなら毎日でも淹れたいなと思いました笑。
今日淹れるために、コーヒー専門店でコーヒー豆もたくさん購入したので、また明日も朝淹れてみようかなと思います★

シャンプーやリンスなど完備
越谷でホテルを探すならココがおすすめ♪
電話予約もできるよ!

無責任な言葉って何だろう?

一生懸命生きている病気を抱えた子どもに向かって、「頑張って」という人がいます。
子どもだけではなく、病魔と闘っている人に対しても言ってしまう人がいます。
でもこれって凄く無責任な言葉なんだと思います。

今を生きるだけで精いっぱいで、相当頑張っているつもりなのに、その言葉を言った人からすれば、まだまだ頑張りが足りないという風に見えてしまうのかな、と落ち込む人もいます。
すでに頑張っている人に対して「頑張って」という言葉は残酷で無責任なんだと思います。

大宮駅より徒歩三分のラブホ。
大宮のホテルなら駅から近いココがオススメ。
シンプルでモノトーンなお部屋。

ハンドメイドが趣味なのですが、それを販売していると「もっとたくさん作ればいいのに」「もっとこうすればいいのに」と言ってくる人もいます。
自分では何もやらない人ほど簡単に言ってきます。
時間もない中で作っているので、これ以上はできないのに、と思ってしまいます。
こういう時ってどういう言葉で返せばいいのかな、といつも悩んでしまいます。
「ご自分でもやってみたらいいのに」とはっきり言えたらいいのにな、と思ってしまいます。